まなびの指導システム

学習塾まなびの指導法

1

2つの中学校に限定した指導

一つのクラスにいろいろな学校の生徒がいると、それぞれの中学校の学習進度が違うために、普通の塾では学校の進度に合わせた指導を行うことができていないのが現状です。そのため多くの塾では学校の進度とは違う内容の指導を普段は行い、テスト前だけ学校の進度に合わせた指導を行っているというのが一般的です。ほとんどの子どもたちにとっては「塾」と「学校」で2つの違うことを同時に学ばなくてはいけない状況になり、しっかりと理解できない状況に陥ってしまいがちです。子どもたちの「わかる喜び」を大切にしたい「学習塾まなび」ではこういった一般の塾で生じている問題点を解消し、効率的に指導を行うために、塾生を2つの中学校に限定した指導を行っています。

point1

2

1クラス12名までの少人数制の指導

「学習塾まなび」が一番大切にしていることはひとり一人の子どもたちをしっかりと指導することです。当たり前のことですが、1クラスにたくさんの生徒がいる指導スタイルでは本当にきめ細やかな子どもたちに合った指導を行うことはできません。多くの大手塾でも少人数制をうたってはいますが、それは学校の指導(1クラス35名程度)に比べての少人数制であり、実際は1クラス20名前後で指導しているのが一般的です。私たちはお預かりしたお子さまひとり一人をしっかりと指導することが塾の責務であり、そのことを徹底していかなければいけないと考えています。そのために1クラスの人数を12名に限定し、きめ細やかな指導をしています。

point2

3

成績アップ保証制度
(5科目合計+50点の成績アップを保証)
自信があるから+50点アップの成績保証!

入塾後2学期以内に学校の定期テストで必ず1回以上「5科目の合計点が350点以下でご入塾の場合+50点以上。350点以上でご入塾の場合、400点以上」になることを保証します。指導力に本当に自信があるからこそ可能な制度です。

point4

4

3ヶ月間授業料半額!

その塾の指導が本当に子どもたちに合っているのかどうか、その塾が本当に良い塾なのかどうかは1回や2回の体験授業でわかるものではありません。しっかりとした指導を中長期にわたり行い、教員が子どもたちひとり一人の個性をきちんと理解し、その指導を通して子どもたちの勉強に対する姿勢・意識が変わることで初めて、本当の意味での成績向上が可能になります。「学習塾まなび」は他塾ではまねできない「学習塾まなびだけの指導法」に絶対の自信を持っています。3か月間授業料半額は「学習塾まなび」の指導に対する自信のあらわれとお考えください。3か月間しっかりと「まなびの指導」を受けて頂くことで、その中身・良さを実感して頂けるはずです。

5

春期・冬期講習会ずーっと無料!

私たちは、子どもたちを「学習塾まなび」に通わせて頂いている保護者の皆様に対して「誠実」でなければいけないと考えています。ですから、多くの塾が行っているように通常月の指導回数が少なくなってしまうにもかかわらず(例えば、冬期講習会を実施する場合、多くの塾では12月・1月の通常の授業は約3週分しか実施していません。)その月の授業料を全額お納め頂き、さらに追加の季節講習会費用を頂くようなことを「学習塾まなび」は行っていません。「学習塾まなび」では春休み・冬休みの長期休暇を利用して高校入試に向けた実力養成のための季節講習会を実施していますが、開塾以来、追加の講習会費用は頂いていません。(講習会のテキスト代のみ別途必要)

point6

6

習熟度別のクラス設定

「学習塾まなび」の目指す指導は、子どもたちが今持っている力をさらに一つ上のレベルまで向上させることです。すべての子どもたちを平等に指導すること、それは理想かもしれませんが、小学校6年間の指導の中で子どもたちの能力に差が生じ、一律的な指導では本当に効率的な指導ができないとうのが今の日本の教育の現状です。子どもたちの今の能力に合った指導を行い、子どもたちの能力を最大限に伸ばしていくために、中学生は能力別のクラス編成(2段階)で指導しています。(※小学生は習熟度別の指導は行っていません。)

point7

7

定期テスト対策直前特別補習

定期テストで得点をアップさせるためには普段の勉強ももちろん重要ですが、それ以上に直前での追い込み(総復習)が大切になってきます。「学習塾まなび」では定期テスト前の2週間は完全に中学校のテスト範囲に合わせた指導を行います。また、日曜日・テスト期間中に特別補習を行いますので普段の約2倍の学習時間を確保し、万全の態勢で定期テストに挑んで頂きます。

point8

8

徹底した定期テスト対策!(オリジナル過去問の作成)

「学習塾まなび」と他塾との一番の違いは「学校の成績を確実に上げる」ことです。毎回定期テストに向けての各中学校の過去問を徹底的に分析した「まなびオリジナル」の「定期テスト予想問題」を作成しています。子どもたちはテスト前に何度もこの予想問題に取り組むことで、大幅な得点アップを実現しています。
※徹底した定期テスト対策の詳細はこちらをご覧ください

point9

9

自主学習日の設定

子どもたちの成績向上には2種類の学習が必要になります。1つは授業の中で学習内容を理解すること。もうひとつは理解した内容を定着させ、自分の力とするための「家庭内での自主学習」になります。一般の塾で行われているのは基本的にこのうちの最初の学習パターンだけになります。しかし、塾の授業だけでは十分ではなく、塾と家庭での2つの学習をきっちりと行うことができて初めて、成績は向上していきます。このうちどちらが欠けても、成績は向上していきません。 特に家庭内での自発的に行う学習が十分でない場合は、いくら分かりやすい授業を行っても成績をなかなか向上させることはできません。多くの子どもたちが塾に通っているにもかかわらず、成績がなかなか向上しないのは、この自主学習(家庭学習)が十分に行えていないところに原因があります。「学習塾まなび」ではこのように自分ではなかなか勉強できない生徒には、通常授業日とは別に自主学習日を設定し、子どもたちの学習スタイルの確立を目指します。
※自主学習日の設定の詳細はこちらをご覧ください。

point10

10

授業前呼び出し補習

「学習塾まなび」では基本的に毎回の授業で前回の授業内容を確認するための「確認テスト」を実施します。しかし、学習スタイルが確立できていない子どもは、なかなか家庭内での勉強が十分に行えず、理解が不十分なままテストを受けしまい不合格になってしまいます。このような場合、子どもたちにとってはテストが精神的な負担になり、勉強に背を向けてしまう可能性が高くなります。
そんな子どもたちにもしっかりと対応し、「やればできる!」という自信を持ってもらえるように、「学習塾まなび」ではどうしても家で十分に勉強ができない子どもには授業前に呼び出し補習を実施しています。授業前にテスト勉強を一緒にすることで出来る限り子どもの負担を取り除けるようにしています。
※授業前呼び出し補習の詳細はこちらをご覧ください。

point10

11

授業後居残り補習

子どもたちの成績を本当に向上させるために、「学習塾まなび」はできること、すべきことは何でも行い、地域で一番の教育を提供しなければならないと考えています。まずは子どもたちが勉強できるようにサポートする。それでも、できなかったときには、理解できなかった部分をしっかりと指導する。そんな基本の指導を徹底していくことが大切であると私たちは考えています。
授業内で行う毎回の確認テストは、子どもたちが学習内容をしっかりと理解しているかどうかを確認するためのものでもあります。確認テストの不合格者には毎回必ず残ってもらい授業後に学習内容がしっかり理解できるようにやり直し指導を行い、再テストを実施します。
※授業後居残り補習の詳細はこちらをご覧ください。

point10

12

小学生の単元別強化補習

勉強を進めていく上で必要なことは、まず学習内容を理解すること(授業)、次に知識を定着させるための学習(家庭学習)になります。ただ、一般的には定着した知識の半分以上は時間が経過するなかで失われてしまいます。そこで、より効果的な学習、確実な知識の定着をはかるには学習内容をもう一度復習する「反復学習」が必要になってきます。子どもたちが学習した内容を確実に知識として定着させるために「学習塾まなび」では小学生を対象に、毎月1回土曜日を利用して「小学生単元別強化補習」を実施しています。
この補習では1カ月間に塾でならった算数の復習と毎年塾生全員に受検してもらう「漢字検定」合格に向けた漢字の学習を行い、学習内容の理解度・知識の定着をより確実なものとしています。

point10

13

いつでも使える自習スペース!

「学習塾まなび」は子どもたちの成績を上げることにとことんこだわっています。成績向上を持続させていくためには、すぐれた指導・厳選された教材も大切ですが、それと同じくらい子どもたちが「自ら勉強する」学習習慣を身につけることも大切です。特に中学生になると塾の授業だけではなく、どれだけ塾で自習をするかが成績向上に大きく左右してきます。「学習塾まなび」では子どもたちに高品質の学習環境を提供するために、教員のすぐ目の届く位置に、いつでも自由に自習ができる自習スペースを設置しています。

point10

14

欠席補習の実施

「学習塾まなび」では正当な理由(風邪等)で欠席された場合は必ず欠席補習(日時は塾の方で指定させて頂きます)を実施してます。普通の塾では授業を欠席された場合はその日の学習内容・宿題等を伝えるだけで、休んだ授業の理解は子どもたちの自習に任せるというのがほとんどです。「授業を受けて初めて理解できる内容」を自分だけの力で子どもたちは理解できるでしょうか?
答えは簡単で、子どもたちはきちんと理解できないまま次の学習内容に進んでいかなければいけない状況に置かれてしまいます。多くの塾はアルバイト講師を使っているために「欠席に対する補習ができない」のが現状です。「学習塾まなび」はすべて専任講師による指導をおこなっていますので、欠席をされた場合でも必ず、欠席補習を実施しています。しかし、学力向上のためには通常の授業に出席して頂くことが一番のため、安易に欠席することはしないように指導しています。また、安易な理由で欠席された場合は欠席補習を実施していません。

point10

15

定期的な保護者懇談の実施!

「学習塾まなび」では小学生は春・夏・冬の年間3回、中学生は夏・春の年間2回(中3生は春・冬の2回)保護者懇談を実施しています。保護者懇談では子どもたちの成績の変化、教室での学習状況、子どもたちの成長過程をお伝えさせて頂きます。懇談会を通し保護者の皆様との連携を密にとることで、子どもたちの志望校合格へのサポートをしっかりと行っていきます。

point10

成績アップ保証制度

自信があるから+50点アップ

学校の定期テストで「5科目合計で50点以上点数が上がること」を保証。(5科目受講の場合)
上がらない場合は1ヵ月間授業料を免除させて頂く制度です。
「学習塾まなび」が一番大切にしたいのは子どもたちの「やればできる!」という気持ちと「努力することの大切さ」を伝えることです。

「学校成績」保証制度について

「学習塾まなび」では子どもたちの「やればできる!」という気持ちを大切にしています。
困難にぶつかった時にそこから逃げてしまう子どもと、「やればできる!」と思い、「努力することの大切さ」を知っている子どもでは、将来の人生が大きく変わってきます。
学習塾まなびの「成績保証制度」は子どもたちに「やればできる!」という自信が持てることを保証する制度です。

何を保証してくれるの?

保証内容

※上記はいずれも受講科目が5科目の場合です。受講科目数により保証する内容が変わります。
※詳細は入塾時に受講科目に合わせて詳しくご説明致します。

入塾後2学期以内に学校の中間テスト・期末テストで、必ず1回以上「5科目の合計が350点以下でご入塾の場合、5科目合計で+50点以上。5科目の合計が350点以上でご入塾の場合、5科目合計で400点以上」になることを保証します。もし、上記の基準を超えて学校の成績が上がらなければ、授業料を全額免除し、1ヵ月間無料で次回のテストに向けて全力で指導致します。指導力に本当に自信があるからこそ可能な制度です。

  • 6つの不安にお答えします
  • よくあるご質問
  • 定期テスト得点アップシステム
  • 高校入試対策特別補修
  • 学習塾まなびの小学生指導
  • 保護者の声
  • 指導実績(得点アップ一覧)
  • 岸和田市
  • 岸和田教室のご案内
  • 久米田教室のご案内
  • 貝塚市
  • 貝塚教室のご案内
  • 東貝塚教室のご案内
  • 和泉橋本教室のご案内
  • 泉佐野市
  • 泉佐野教室のご案内
  • 堺市
  • 鳳教室のご案内
  • 東大阪市
  • 鴻池新田教室のご案内
  • 安全・安心への取り組み
ページの先頭へ